脂肪肝etcは健康食品で改善【内元気で家でも元気】

肝機能を高める方法

肝臓の機能と特徴

かごに入ったサプリ

肝臓の機能は、代謝、解毒作用、胆汁の生成・分泌があります。肝機能障害になると、これらの機能を果たせなくなります。肝臓は、代謝能力が優れ、ダメージを受けた状態でも、ダメージを受けていない細胞が代謝等の機能を果たします。また、肝臓の大きな特徴は、再生力が優れている点が挙げられます。ダメージを受けた細胞も、時間が経つと正常な細胞に戻る能力が優れています。しかし、肝機能障害が進行した場合、肝臓が再生できなくなります。肝機能障害が最も進行が進んだ症状は、肝硬変、肝臓がんとなります。肝臓の状態は、血液検査で確認する事ができます。ALT(GPT)、AST(GOT)、γ-GTPの肝臓数値によって、肝臓の状態は確認できます。

肝機能障害の種類

肝機能障害として脂肪肝があります。日常的に摂取する食事に脂肪が多い場合、肝臓にも中性脂肪、コレステロールがたまります。また、肝炎という肝機能障害もあります。肝炎は、アルコール性、薬物性、ウィルス性といった種類があります。アルコール性肝炎は、アルコールの大量摂取が原因で引き起こされます。アルコール性肝炎になっても、一定期間の断酒や節酒によって、肝臓は元の状態に戻ります。ウィルス性肝炎には、A型、B型、C型があります。薬物性肝炎は、抗生物質、精神薬等の副作用によって、肝機能障害が起こった状態です。いずれの肝機能障害でも軽い状態では、治療等によって再生が可能です。しかし、軽い肝機能障害を放置していくと、肝臓が再生できない肝硬変、肝臓がんになるケースもあります。